債務整理は借金を減らす法的な救済処置

お金で苦しむという人は、どんな時代にもいるもので、昔は多額の借金を抱えた人が、強引な取り立てに苦しんでいる場面をよくテレビなどで見た記憶があります。
家のドアを必要に叩かれたり、四六時中、電話で脅されたり、そういう恐ろしいイメージがどうしてもあるのです。
今は確かにそういう極端な取り立てというものはなくなってきているようです。
それは法的な効力や、お金を貸してくれる会社の体制そのものが改善されたおかげなのでしょう。
今はテレビのコマーシャルでも、人気のタレントなどを起用して、本当に明るいイメージを出しています。
でも、どんな理由であれ、借り入れは立派な借金に他なりません。
借りたからには必ず返さなければいけないのです。
しかし、そうは言うものの、人にはどうしようもない事情があり、どう頑張っても返済できないということもあります。
そういうときの法的な処置として、債務整理というものが認められているのです。
債務整理というのは、とても返せなくなった借金の苦痛を緩和させる一つの救済処置と言えます。
ようするに法律を使って、今現在抱えている借金を減らす手続きのことです。
債務整理には四つの手段があります。
すなわち、任意整理、特定調停、個人再生、そして自己破産です。
どれも借金を減らすことができる手段なのですが、このうちでもっとも知られているのが自己破産ではないでしょうか。
実に多くの方がこの手段を使っています。
自己破産はこの四つの中では一番リスクが高いとも言われていますから、この処置を考えるのであれば、専門家に相談をした方がいいでしょう。