浪費癖招いた借金を民事再生という制度のお陰で救われました

治らない浪費癖

私は給料を貰ったらしたい事や欲しい物があればその為に、使ってしまうという癖がありました。 従って預金をするという考え方はせずに、もしお金が足りなければクレジットカードのキャッシング枠を最大限まで広げてお金を使ってしまていたのです。

気がつけば雪だるま式に増えた借金を前に途方に暮れる

それも予め決められた期日までに完済すれば良いのですが、そのような事は頭に思い浮かばなかったので、既に完済するのは事実上不可能という状態になってしまいました。 加えていうのであれば、それも消費者金融会社1社だけならまだしも、5つの金融業者から借りていて、借金の合計金額は500万円近くになっていたので完全にお手上げ状態でした。

お金を作る努力はしたものの結局は弁護士に相談に行く

ですから、今現在私に出来る事は出来るだけのお金を、用意する事に尽きます。 例えば自動車、又は自動車保険や生命保険を解約したり、子供の予備校を辞めさせたりしてお金を作る努力をしました。 但し、家だけは沢山の思い出が詰まっているのでこのまま残したいと考えました。

しかし、努力の甲斐も虚しく10万円程度を借金に割り当てるしかなく、どうしようもなくなった状態で、私はとある弁護士事務所のドアを叩いたのです。

民事再生で借金を減らし具体的な返済額で人生の再出発をかける

私は弁護士に事の顛末を話しおわると、彼は債務整理の一つである民事再生でこの窮地を脱するのが最適な方法ではないかと言うのです。 私はそれはどの様な物なのかを尋ねると、自宅は今のまま住む事が可能で、会社にもバレる事なく返済金額を減額してもらい毎月数万円程度ずつ返済する事によって、無理なく返済をするという極めて現実的な方法であるという説明がありました。

私は借金をしている消費者金融業者の全ての金額が判る書類を弁護士に見せると、具体的に最終的に返済しなければならない金額と、3年間で返すに毎月幾ら払わなければならない具体的な計算を弁護士にお願いして、それを基準に返済をする事にしたのです。 幸い私の務める企業は上場こそしていませんが、技術力が世界的に評価されているので、安定した給料やボーナスと言った収入が望めますので悪癖が再燃しなければ、3年程度で完済する事が出来るでしょう。

私は今回の事で目が覚めた思いで、仕事に集中して給料は全て妻に管理して貰う事にしました。