債務整理の方法まとめ

バレたくない人の任意整理

債務整理には幾つか種類があり、その方の債務額や返済困難な度合いにより選択肢が変わってきます。 もっとも簡便な方法としては、債権者に債務減額を合意してもらう任意整理があります。 といっても債務者が返済できないから減額してといっても、通常相手にしてもらえません。

そこで弁護士などの専門家に依頼するのがベストです。 依頼と同時に取り立てがストップし、合意に達すれば返済が楽になります。 裁判所などを通さないため、周囲にバレいくいのもメリットです。

コストが安い特定調停

特定調停は簡易裁判所の非公開の部屋で、債権者と債務者が調停委員に間に入って仲裁してもらいながら話し合いをして、債務減額の合意をする手続きをいいます。 複雑な書類を自ら作成する必要がありますが、裁判所事務官などにサポートしてもらうこともできます。

債権者1人あたり500円と、一定額の郵便切手代程度で済むので、コストが安く済むのがメリットです。 もっとも、ご自身で交通費を支払って、話し合いが決着するまで裁判所に通う手間がかかるのが少し面倒かもしれません。

住宅ローン支払い中のマイホームがあるなら個人民事再生

住宅ローンを含めた複数の債務の支払いが困難となっている場合、一般的には一番返済額が多くて苦労しているのは、債務額が大きい住宅ローンではないでしょうか。 ですが、住宅ローンの返済が滞れば、せっかく手に入れたマイホームを競売にかけられてしまうため、優先させて払いたいものでもあります。

個人民事再生では住宅ローンを除外して、その他の債務だけを減額して全体の返済額を減額することが可能です。 これによりマイホームを維持しながら、無理のない範囲で返済を続けていく道が開けます。

多額の借金で首が回らないなら自己破産

多額の借金を背負い、それを返せるだけの収入や資産もないといった場合、自己破産することで全ての債務の免除が受けられます。 その後、一切返済する必要がなくなるので、生活をリスタートするキッカケがつかめるのです。

マイホームなど他に財産があれば競売にかけられてしまいますが、財産がない場合には免除されて手続きが終了できます。