借金問題は債務整理で解決できます

借金問題で悩んでいる人は法律事務所に相談しましょう

現代は安定した収入がある人であれば、銀行や消費者金融で融資を受けられますが、計画的に利用をしないと借金問題の悩みが出てきます。 カードローンやキャッシングでお金を借りると、当然ですが利息が発生するため、毎月返済をしているけれど、なかなか債務が減らないと感じている方が多いのではないでしょうか。
借金問題は精神的に苦しく、ストレスになってしまうため、信頼できる法律事務所に相談するようにして下さい。 不安や悩みを持たれている人は、法律が解決してくれます。

任意整理は裁判所を介さない債務整理です

任意整理は裁判所を介さずに、弁護士と債権者で交渉をすることで、借金を減額してもらう債務整理の方法です。 債権者との交渉次第では、元金のみの返済を分割払いにしてもらうことも可能です。 比較的債務が少ない人に最適な方法なので、期間内に債務を返済するように努力して下さい。

法律事務所は数多く存在しますが、相談は無料の所が多いため、電話や店頭で悩みを打ち明けるようにして下さい。 残債務がいくら残っているか、きちんと把握しておく必要があります。

個人再生は財産を所有しながら借金の返済ができます

複数の債務がある人は、借金の総額がどれぐらいなのか把握できていない場合が多いです。
複数の債務があると、金利が膨れ上がってしまうため、返済をするのが困難になってしまいます。

借金問題で悩んでいるけれど、土地や住宅などの財産を所有しながら、借金を返済したいという人が増えています。 個人再生は、裁判所に介入をしてもらうことで、財産を所有しながら借金を減額してもらう債務整理です。 借金の理由が浪費やギャンブルであっても、依頼できるケースが多いため、弁護士に相談するようにして下さい。

自己破産のメリットとデメリット

借金が膨れ上がり、現代の収入では返済をするのが困難になってしまった人は自己破産を検討している人が多いのではないでしょうか。
自己破産は、生活必需品以外の高額な資産は手放す必要がありますが、裁判所に申し立てをしてから、半年ぐらいすると免責が受けられます。 債務整理の自己破産をすると、個人情報機関に記録が残ってしまうため、一定期間はローンを利用したり、クレジットカードが作れないなどのデメリットがあります。