債務整理にはたくさんの方法がある

弁護士と相談して方法を選ぶ

借金苦に悩んでいたとき、テレビで弁護士のCMを見ました。 借金相談が無料だったので、受けてみることにしたのです。 相談は1対1で、プライバシーは保護されていました。 相談時間は30分で、その間に借金の整理方法を決めていくのです。

弁護士の話を聞くと、いろいろな種類の債務整理があるとわかりました。 最も有名なのは自己破産でしょうが、それ以外にも個人再生、任意整理、特定調停などの方法があるのです。
特定調停は自分で整理する方法なので、弁護士に依頼できるのは3種類の方法になります。

無料で借金を解決できるのか?

相談料無料と聞いて、無料で借金を解決できると思っていましたが、債務整理に関しては無料ではありませんでした。 どの方法で整理していくのか決める相談が無料なのであり、実際に依頼するとなるとお金がかかります。 高額な費用がかかることなので、弁護士が勝手に方法を決めることはありません。 依頼者である私と意見を交わしながら、最適と思われる方法を選んでいくのです。

どの程度の報酬の支払いができるか、今後の経済状況はどうか、どの程度のデメリットまで我慢できるか、などを考慮しながら選んでいくのです。

過払い金が発生している可能性があると言われた

弁護士と相談しているとき、過払い金の可能性について話されました。 私は200万円近い借金があり、カードローン会社に今まで高額な利息を支払ってきました。 その利息分のうち、過払いになっている部分がかなりあるそうです。

これを取り戻すことができれば、借金はほとんどなくなるというのです。 私が借りていたころは、金利は27.5%という高金利でした。 その後、グレーゾーン金利の廃止により、15.0%まで引き下げられたのです。 12.5%分の金利は払いすぎになるので、そのまま返還されると聞きました。

借金が完全になくなりました

債務整理をすれば、必ず弁護士報酬を支払う必要があると考えていました。
しかし、今回の過払い金の返還により、240万円ものお金が返還されたのです。 借金200万円をすべて完済したうえに、40万円も返還されました。 弁護士報酬24万円を支払っても、16万円手元に戻ってきたのです。